簿記3級の資格を取って良かったこと

資格取得ブームは落ち着いてきましたが、今もなお一種の趣味のようになっている感があります。
資格の中でも定番と言えるのは簿記です。事務職に就こうと考えたことがある人であれば、一度は通る道かもしれません。
そうでない人にとっても簿記3級は、会計・経理の基礎として、また一般的な素養として身につけておいても良い知識でもあります。
簿記3級は、確かに履歴書に書いても意味がない、と言われることがあります。就職・転職に有利になるほどの効力はないかもしれません。
ただ簿記の基本である複式簿記、ひいては財務諸表の知識は、どんな業務でも役立つものです。

簿記3級の内容は、個人商店を対象としています。日々の業務の取引ひとつひとつを、どうやって記録していくかが分かります。
例えば商品の仕入れや売上げ、借金や固定資産の減価償却などを複式簿記で記録して、決算では損益計算書と貸借対照表を作成します。
もし自分がカフェを開いたら、と考えながら勉強すると参考になります。伝票ってそういう役割だったのか、当座預金って何なのかといった、普段の生活でよく聞く言葉が簿記用語だったことにも気づかされます。
財務諸表の見方の基本がわかるようになるので、株式投資も以前より深く考えられるようになります。

他の資格へのつながりも多いのが簿記です。
会計士はもちろん、司法書士や弁護士も含めた士業を志す場合、簿記の知識があった方がスムーズに理解できる部分があります。

簿記の勉強は、世の中のお金の流れの勉強でもあります。
簿記3級はサッと見て2級へ進むも良し、1ヶ月で3級は取ってしまって日常生活に役立てるも良しです。必ず役に立つので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


簿記3級を取ったら年収アップ?

簿記3級のおすすめ通信教育ならフォーサイト