大転職時代の武器としての簿記3級

現代では安定した職業というものが神話になってしまいました。転職を成功させるには、少しでも自信と力になるものが必要です。
簿記3級は、そんな中で一つの力になるものです。
簿記試験というものは、会計系試験の一つとして昔から人気があります。3級の試験は1ヶ月ほどで取得が可能で、合格率も40%と高く、簿記の基礎として始めにトライするにはちょうど良いものとなっています。

第二新卒やまだ20代の転職希望者にとっては、簿記3級は有利になる可能性があります。経理事務の経験者はもとより、そうでない人も、お金の流れがわかっていることの指標になり得ます。
また転職先として検討している会社の財務諸表を見ることで、その会社の経営が大丈夫なのかどうか判断する一つの材料にもなります。
会計系の知識が全くない状態だと、企業が公表しているIR資料が全く意味不明になってしまいます。そこで、簿記3級の試験範囲でもある貸借対照表と損益計算書の読み方がわかっていると、成長中の企業かどうかの判断ができるかもしれません。
そしてその判断こそ、面接時に具体的な志望動機として語ることができる内容にもなります。

簿記3級は、取得自体がものすごく意味を持つというよりは、世の中のお金の流れがわかるようになるという効果が大きなメリットとなります。
転職活動をスムーズに、しかも成長分野への転身を成功させるための大きな力になります。
内容自体は難しくありませんので、複式簿記という考え方を身につける目的で挑戦してみることをおすすめします。

簿記3級のおすすめ通信教育ならフォーサイト